ベトナム案内サイト|ベトナムへ行こう!


私はマーケティングの仕事に従事しています。web系マーケ職。端的にはそんな所が私の仕事となります。

昨今、ベトナムは日本の企業に注目されているマーケットとなりつつあります。

ベトナムのITインフラの普及率は目を疑うくらい早く、しかも日本の技術支援でベトナムに置いてのITが飛躍的に進歩した事もあり、ベトナム人にとって日本人の心象は悪くはないのです。

今、ベトナムには日本のIT企業が次々に進出しており、ベトナム人を雇って、オフショア開発というITインフラ開発をしている企業もあります。自動車メーカーでいうと工場を海外に作るようなイメージです。ベトナム人の労働賃金は日本人の半額程度でしかもその半額でハノイ工科大学などベトナムのトップクラスの大学を卒業した学生を雇う事が可能なのです。

日本人よりも優秀で日本人よりも安いならベトナムへ行かない理由が無いのです。

私の勤務する会社でも、今年、ベトナムへ支社を設立し、私も何度かベトナムへ足を運びました。

ビジネス面だけでなく、ベトナムは観光地としての魅力も秘めています。南国で海に面したベトナムにはニャチャンという美しいビーチがありますし、ホーチミンやハノイに行けば、近代的な街とショッピングストリートもあります。また、ハノイならホアンキエム湖の周辺に伝統的な感じの繁華街やベトナム雑貨が買える商店街などもあります。

しかも、ベトナムは今超インフレ状態で、物価は安いです。

為替レートで行くと、ベトナムの通貨ベトナムドンは10,000ドンで日本円の40円です。

40,000VND(ドン)でフォーが1杯食べられます。タクシーならハノイ市内なら、50,000ドンくらいあれば十分でしょう。

少ないお金で楽しめるのもベトナムの魅力の一つです。

ハノイの中心街へ行けば、ベトナム建国の父、ホーチミンの記念館やベトナム戦争の資料館へも入る事ができます。

こんな魅力たっぷりなベトナムを紹介していくのが、このサイトベトナムへ行こう!です。

・ベトナム旅行を考えている人

・ベトナムに興味がある人

・自分の会社もベトナム進出を考えている人

・ベトナムに単純に興味がある人

・ベトナムには興味はないけどフォーが好きな人

そんな人に有益な情報を提供できるようにサイトの更新をしていきます。

ベトナムへ行こう!はビジネス面、政治面、歴史面、観光面、食べ物面、の観点でひとまずまとめていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です