バチャン・セラミック(Bat trang cerramic)|ベトナム陶器の市場


Bchan01

バチャンセラミックの地図

バチャン・セラミックはハノイから車で1時間ほどのところにある、陶器の市場です。

周辺にはベトナム陶器の専門店がひしめき合う、いわば陶器の原宿のような場所です。

バチャン・セラミックには伝統的な陶器から、モダンで先鋭的な陶器まであり、その品質はみなさんの想像以上だと思います。陶器の生産ラインもあり、近くにいるおばちゃんに頼めば生産ラインの見学も可能です。ひとつひとつ手作業で作っている陶器の製造工程はあっと驚く事間違いなしだと思います。

■ベトナム人のすごさを知る

バチャンセラミックで作られる、陶磁器の制作過程を見学したのですが、私は彼らの技術力の高さに驚愕しました。

焼かれてくる陶磁器にひとつ一つ筆で模様を書いて行くのですが、ベトナム人はとても手先が器用で筆先を巧みに使い美しい模様を描きます。ひとつの製品に対して、たったの2分ほどで巧みな模様を施す様は神業とも思えるほど素晴らしいものでした。

彼らの器用さと美的センスは他の産業や分野でも生きてくるのではないかと思いました。

しかも、その価格が驚くほど安いです。たとえば、がまの置物が25万VND(1,000円くらい)だったり、マグカップが10万VDN(400円くらい)だったりします。日本で同じクオリティだったら、1万円くらいするんじゃないかという感じの急須とミニカップのセットでも80万VDN(3,200円)くらいです。

バチャン・セラミックで売られている陶器はこんな感じです。

■伝統的な陶器 1

Bchang02

Bachang05

ひとつひとつ筆で書かれた模様はひとつもおなじものがありません。しかも、かなり洗練されたそのデザインは日本で使っていても、これ伊万里焼です、と言っても、ほとんどの人が信じるんじゃないかと思うくらい素晴らしいできです。

Bachangマグカップ

こういう感じのおしゃれなマグカップも300円くらいの超激安で購入可能です。

■伝統的な陶器 2

Bchang03 Bachang03

絵画の様なこれも実は陶器でできています。額に入って20万VDN(7~800円くらい)で購入する事が可能です。

■置物

Bchang04

置物も伝統的なものから、モダンでかわいいものまで種類豊富です。こちらも品質はとても良いです。

しかし、ポケモンのピカチューは多分、任天堂に許可を得てないな。と思いました。

ベトナム人の20代女性などはバチャンがとても好きで、私の知り合いの人は月一くらいで来ていると言っていました。

バチャンセラミックはTVでも紹介されているようですね。

800年以上続くベトナムを代表する焼き物の里。バッチャンの陶磁器の特徴は長く使えること。1200度という高温で焼いているため、非常に丈夫にできている。以前は簡単なデザインのものが多かったが、観光客の人気の高まりにつれて、モダンなデザインのものも続々と登場した。ハノイではまだ流通していない商品も、ここに来れば入手できる。コーヒーカップは1個約650円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です